HOME > 女子サッカーの環境って > 女子普及一覧 > <育み育てるなでしこの芽>女子普及専用ページを開設しました

女子普及

<育み育てるなでしこの芽>女子普及専用ページを開設しました

2021.04.30


宮城県サッカー協会では、2016年より女子普及事業に力を入れております。
女の子が「サッカーを始めたいな」と思ったり、中学生以降「サッカーを続けるかどうしよう」と悩んでいる方に対し、情報が少ないためこのページを制作いたしました。

 

女子のサッカー環境は様々です。
多くの女子選手は、未就学児・小学生までは男子と一緒に活動し、中学生以降は女子のみで活動しています。
女子だけで活動するのがいいのか、男子と混ざって活動するのがあっているのか、それぞれ自分にあったチームやスクールを探して、どうか長くサッカーを続けて欲しい、そんな願いがあります。

また、サッカーに関わるには「選手」としてだけではありません。
「審判員」や「指導者」として、サッカーに関わることが出来ます。

初心者の女の子がサッカーを始めたいな。と思ったときに、そのチームに「女性指導者」や「女性審判員」がいることで、どれだけ安心感があるでしょうか。
それも「選手」の経験がなくても、熱意や気持ちがあればだれでもサッカーに関わることが出来るのです。

▶サッカーを始めたい未就学児・小学生。継続するか悩んでいる中学生・高校生。
▶社会人になってもサッカーを続けたい、または再開したいと思っている女性たち。
▶子どもがサッカーを始めたから自分も何か手伝いたいなと思っているお母さん。

誰もが安心してサッカーを始められる・続けられる環境、女性が活躍できる場を整え、少しでもサポートできればと思います。

ぜひ<育み育てるなでしこの芽>女子普及ページをご覧ください。