HOME > 事務局ニュース一覧 > 壱岐洋治氏、モンゴルサッカー連盟から表彰

事務局ニュース

壱岐洋治氏、モンゴルサッカー連盟から表彰

2019.02.22

日本サッカー協会の指導者派遣事業で、モンゴルの育成年代女子代表監督をつとめていた壱岐洋治氏がモンゴルサッカー連盟から「勲功徽章」を受章され、このほど、日本サッカー協会名誉総裁の高円宮妃殿下にもご同席いただき、田嶋幸三会長から伝達されました。 

 

壱岐氏は、宮城県の指導者として東北学院高校サッカー部監督、ベガルタ仙台総監督などを歴任された後、2016年2月から2018年10月までモンゴルで指導に当たりました。着任当初、基本技術もおぼつかなかった女子選手を熱心に指導され、昨秋に行われた「AFC U-19及びU-16女子選手権一次予選」で2つのカテゴリー合わせて3勝するなど、目覚ましい成果を挙げられました。