HOME > 事務局ニュース一覧 > 普及・育成事業の後援について

事務局ニュース

普及・育成事業の後援について

2019.08.02

宮城県サッカー協会では「普及、育成・強化」を協会運営の柱としている中、キッズ年代~U12までの「普及、育成事業」及びU11~U16の県、地区トレセンを軸とした「強化事業」は、まだまだ理想形には届かないものの協会全体での取組が進みつつあります。
様々な現状を踏まえ、選手の減少、チームの活動制限、トレーニングの質・量の低下等が進む中、サッカーの楽しさ、面白さを十分に堪能できる環境を提供していかなければならないとあらためて感じております。生涯にわたって、サッカーに親しんだり、関わったりできるサッカーファミリーを育てるためにも、普及・育成の充実を目指したいと感じております。

そこで、協会内だけの普及・育成の取組にこだわらず、県内のクラブチームや各種団体、個人と広く連携し、県サッカー界全体が一枚岩となっての取組を模索することといたしました。
今後、協会の普及・育成の方針に沿った事業をチーム・団体・個人が実施することを奨励し、協会の後援事業として認めていくこととしましたので、お知らせいたします。

 

◆普及・育成事業の後援について 【概要】
※後援条件、申請までの手順などは上記をご確認ください

◆後援申請書について【申請書】 
※申請書を提出前に一度事務局までお問合せください。
※提出期限は開催する日の前々月の末日まで。
(例:10/10開催の場合は、8/31までに提出)

◆問合せ先
宮城県サッカー協会事務局
TEL 022-767-7679