HOME > お知らせ一覧 > 協会主催事業の開催について(8/20~9/12)

お知らせ

協会主催事業の開催について(8/20~9/12)

2021.08.20

 令和3年8月12日に「県独自の緊急事態宣言」が発令され、8月20日からは「まん延防止等重点措置」が適用されることになりました。自治体によっては施設使用が制限されたり、練習試合や全国につながる大会以外の活動自粛が指示されたりしている状況です。
 本協会としましては、上記宣言および措置の趣旨に鑑みますとともに、各自治体や連盟等からの要請に配慮し、本協会各事業の実施について以下を原則として対応して参りますのでご理解ご協力をお願いします。

①上位大会につながる協会主催大会については、感染対策をさらに万全なものにしながら実施し、その他の大会については重点措置解除後に延期する。
②不特定多数の方や複数チームの関係者が集まるフェスティバルや研修会等については、重点措置解除までは原則実施しない。
③チームの所属する学校、団体や連盟、活動する自治体の指示がある場合はそれに従う。

 なお、下記に「活動の際の留意事項」を示しましたので、更なる感染予防の徹底を図っていただきますとともに各種別における留意事項の実施をお願いします。
 また、県内の感染状況に変化があったり上位団体のガイドラインに変更があったりした場合は、速やかに対応の更新を行いますのでご理解ください。

 

「活動の際の留意事項」

「活動の際の留意事項」
1 協会の主催事業について
・実施する場合は、感染対策責任者を中心に感染予防対策を徹底すること。また、試合数の削減等、開催方法や実施方法を工夫して、感染リスクの低減に努めること。
・大会等で観客の感染予防対策が万全にできない場合は、無観客等の対応を工夫すること。
・会議や研修会については、オンラインでの実施を推奨する。

2 チームの活動について
・感染予防対策を徹底して活動すること。また、トレーニングのやり方等を工夫し、感染リスクの低減に努めること。
・チーム所在地自治体、使用施設の規制やルールに従うこと。
・中学校、高校、専門学校、大学等、学校に所属するチームに関しては、学校の方針に従うこと。クラブチームにおいては、選手の活動の可否を在籍校に確認することが望ましい。
・4種年代のチームは市町村を越えた交流を自粛するとともに、保護者の同意を受けて活動すること。