HOME > イベント参加 > 障がい者サッカー > 障がい者サッカー一覧 > デフサッカー教室の紹介(JDFA×ハートフル福祉募金)

障がい者サッカー

デフサッカー教室の紹介(JDFA×ハートフル福祉募金)

2020.12.09

2020年12月5日(土)聖和学園高校を会場に行われた、
JDFA×ハートフル福祉募金 第3回デフサッカー教室を見学に行きました。
※JDFAとは日本ろう者サッカー協会の略称

「デフ」とは英語で「deaf(聞こえない人、聞こえにくい人)」という意味で、デフサッカーとは聴覚障がい者のサッカーのことです。

今回はJDFA理事・技術委員長の野呂氏と、JDFA日本代表選手2名が来県し、3歳~10歳の子ども達14名に手話やジェスチャーを使いサッカー教室を行っていました。
天候にも恵まれ、人工芝グランドで思い切り身体を動かし、子ども達は終始笑顔で活動していました。

(写真提供:聖和学園高校女子サッカー部様)

 

JDFAでは、来年1月東松島市で日本代表合宿を実施します。
宮城県サッカー協会でも障がい者サッカーの普及・啓蒙活動に協力したいと思います。

興味のある方はこちらよりお問い合わせください。

●日本障がい者サッカー連盟 ろう者(デフ)サッカー 紹介