HOME > 育成・強化 > お知らせ・日程 > 育成・強化/お知らせ・日程一覧 > 【宮城県代表】国体女子チーム選考会・チーム活動

育成・強化/お知らせ・日程

【宮城県代表】国体女子チーム選考会・チーム活動

2019.07.16

 

2019年7月15日(月)泉総合グランドにてミニ国体前最後のトレーニングマッチでした。

今回も男子u14宮城県トレセンの皆さんにご協力を頂き、戦術やプレーの確認、情報共有を行うことができました。スタッフ・選手一同、ミニ国体に向けて着々と準備を進めております。

○参加選手へのインタビュー
宮田あすか(聖和学園高校)
男子中学生の早いプレッシャーに対して、焦ってプレーをしてしまったところがありもっと周りを見てプレーしなければいけないと思いました。また、今日は慣れないポジションだったので頭を使いながらプレーするのが大変でした。本番は今日の反省点を改善し、茨城国体出場を決められるように頑張ります!

藤田千絵(明成高校)
国体でのトレーニングはいつもレベルが高く、その中でサッカーすることによって、個人としても収穫の多い時間にすることができました。今後は学んだことを生かし、大会で勝ちに貢献できるように、チームのために自分ができることを精一杯頑張りたいと思っています!

 

 

-----------------------------------------

2019年7月8日(月)聖和学園薬師堂キャンパスにてメンバー確定後初のトレーニングでした。

選手たちは30分間のトレーニング後、聖和高校女子サッカー部の選手にお手伝いいただき、8人制のゲームにてお互いのプレーを確認しました。

セレクション時に比べ選手たちの表情も明るく、チーム内でも意見交換が活発に行われるなど、とても良い雰囲気でした。

○参加選手へのインタビュー

田原のぞみ(マイナビベガルタ仙台レディース)
はじめてチームに合流しましたが、まずはみんなとコミュニケーションをとることができてよかったです。これから大会に向けて、調整できれば良いなと思っています。

櫻庭琴乃(聖和学園高校)
選抜後初めての顔合わせでしたがチームとしてはまとまっていて、とても良い雰囲気でした。今後個人としては、どんどん積極的にプレーしていきたいと思います。

 

---------------------------------------------

2019年6月17日(月)泉総合運動場にて、最終選考会として男子u14トレセンとトレーニングマッチを行ないました。
選手たちはディフェンス面に関してスピードのある相手に苦戦している様子も見受けられましたが、オフェンス面においてはゴールに果敢に攻め込み続けることができました。

今回までの結果をもとに、後日代表選手を決定いたします。

○参加選手へのインタビュー

諏訪千夏(マイナビベガルタ仙台レディースユース)

普段一緒にプレーをしない人たちととコミュニケーションをとりながらプレーすることがとても大変でした。でも、何度か自分の思い通りのプレーを行うことができたので良かったです。

佐々木舞美(仙台育英学園高校)
フィジカルの強い相手に対してついていくことがとても大変でした。普段は違うチームのみんなと頑張ることが出来て良かったです。
もし合格したら、高いレベルの人たちと一緒にプレーすることができるので、楽しみながら頑張りたいです。